喉を開くとは?カラオケや歌うときに喉を開く方法や練習法・喉が開く感覚がわからないときの対処法を紹介!

スポンサーリンク

*アフェリエイト広告を利用しています。

とおんくん
とおんくん

喉を開くとはどのような状態なんだろう…。

おとちゃん
おとちゃん

喉を開いて歌うと高音が出やすくなるし、喉を痛めなくなるよ。

きれいな声で歌うために「喉を開けて歌う」とよくいいます。

喉を開けて歌うと高音も出やすくなり、音程も安定して声を響かせて歌えるように。

腹式呼吸や裏声などはイメージしやすですが、「喉を開ける」とはどのようにするのかわからない人も多いと思います。

執筆者の私も気になり調べまとめてみました。

この記事では喉を開くとはどういうことかや喉を開く方法・練習法・喉が開く感覚がわからないときの対処法について紹介します。

この記事でわかること
  • 喉を開くとは
  • 喉を開くとどのようになるのか
  • 喉を開く方法
  • できないときの対処法
  • 喉を開く練習法
スポンサーリンク

喉を開くとは?

喉を開くとは口の奥をできるだけ大きく開け、広い空間をつくるのをいいます。

日常生活の行動でいうとあくびをしている状態をイメージしてみてください。

あくびをすると口や口の奥が大きく開き、舌が根本から下に自然と下がっている状態になります。

喉を開くとは舌が根本から下がり口の奥まで広い空間ができている、あくびをしたときのような状態です。

スポンサーリンク

喉を開いて歌うとどうなる?

喉を開けるのがどういうことかわかったところで、喉を開けるとどのような効果があるのか気になります。

ここでは喉を開けて歌うとどのようなう効果があるのかまとめてみました。

①大きな響く声が出る

喉を開いて歌うと大きな響く声が出るようになります。

声は喉で響かせるようになっており、大きくきれいに響かせるには広い空間が必要です。

喉が締まった状態だと、空間があまりなく声を大きく響かせられません。

喉を開き広い空間を作って声を響かせれば、きれいな大きな声で歌えるようになります。

②高音が出しやすくなる

喉を開いて歌えば、高音が出しやすくなります。

高音を出そうとするとついつい喉に力が入ってしまい、喉が締まってよけいに声が出なくなってしまうでしょう。

高音を出すときは首や喉をリラックスさせて喉を開き、息がスムーズに通る空間が必要。

喉を開いて広い空間を作り声をしっかり響かせれば、高音も安定した音程でだせるようになるでしょう。

③喉を痛めない

喉を開いて歌うと喉を痛めず疲れにくくなります。

喉を締めた状態で声を出そうとすると、息が狭いスペースを無理やり通ろうとするため喉を痛める可能性もあり、疲れも感じるでしょう。

喉を開いて声を出せば、息が通る広い空間ができ喉を痛めにくくなります。

首や喉がリラックスした状態になっているため、疲れにくくもなるでしょう。

スポンサーリンク

喉を開く方法を紹介!

喉を開くとはあくびをしたときの状態です。

具体的にはどのようにしたら喉が開けるのか、ここでは喉を開く方法を紹介します。

①上顎を使う

喉を開けるには上顎を使います。

下顎を下げて喉を開こうとすると舌に力が入ってしまい、滑舌がわるくなったり早口の歌が歌えなくなってしいます。

上顎を使うのを意識すると顔が上を向いてしまいがちであるため、顔は真っ直ぐ前を向くようにします。

真っ直ぐ前を向き上顎をつかって喉を開くようにするのがポイントです。

②背中を意識して歌う

喉を開くときは背中を意識して歌うのがおすすめです。

声を前に出すため前を意識してしまいますが、喉に力が入ってしまい声が響かなくなってしまいます。

背中に意識を持っていき、声を出すときに背中を広げると喉が開いた状態に。

高音を出すときなどは喉が締まらないように、背中を広げて喉が開くようにしましょう。

③首回りがリラックスした正しい姿勢で歌う

喉を開くには首回りがリラックスした姿勢で歌う必要があります。

首回りに力が入ってしまうと喉が締まって開きません。

姿勢を正して頭を一本の糸で引っ張られているイメージで姿勢を正しましょう。

首・肩・喉の力を抜いてリラックスさせた状態を保てるようにすると、喉を開きやすくなります。

喉が開く感覚がわからないときの対象法!

喉が開く感覚がわからない場合は、喉や首に力が入ってしまっている可能性があります。

高音や大きな声を出そうとすると、喉に力が入ってしまいがちです。

喉を開こうと意識しすぎても、舌や喉に力が入ってしまうことも。

首回りをリラックスさせて上顎を使いと背中を意識して歌うように意識をすれば、喉が開くため感覚と掴むようにしましょう。

喉を開く練習方法を紹介!

喉を開くの意識しすぎると力が入ってしまうため、自然に開くように練習するのが重要です。

ここでは喉を開いて歌えるように、喉を開く練習方法を紹介します。

①大きく笑う

大きく笑うと口や喉が自然と大きく開き、喉を開けた状態になります。

喉が開く感覚を掴むためにも、日常生活やテレビを観ているときなどに大きく笑うようにして喉が開く感覚を掴みなしょう。

感覚がつかめれば意識しなくても自然と喉を開けるようになります。

②割り箸を使って発声練習

割り箸を使ってボイストレーニングをすると、喉が開いた状態になります。

割り箸を使ったボイストレーニング方法
  • 割っていない割り箸を2膳用意する
  • 割り箸の太い方を左右の奥歯でそれぞれ同時に噛む
  • 割り箸を噛んだまま「あー」と声を出す

割り箸を噛むと舌が喉を開く状態の位置に行くため、自然と喉が開いた状態で発声できます。

喉が開いた感覚を覚えて、割り箸を噛まなくても作れるように練習をしましょう。

割り箸を噛んで発声をするのと噛まずに発声をするのを交互に行なうと、感覚がつかめるようになります。

首や喉をリラックスさせて練習しましょう。

③パインアメを活用する

ドーナツ状に穴があいたパインアメを使っても喉を開く練習ができます。

パインアメの中央の穴が見えるようにくわえながら、「あー」と声をだしましょう。

パインアメをくわえているため奥歯が嚙み締めなくなり、舌の根本が下がり力も抜けます。

喉が開いた状態になるため、パインアメを使って発声練習をし感覚をつかみましょう。

パイン パインアメ

④ボイトレグッズBe-Voを使う

Be-Voは割り箸での練習と同様に、奥歯でBe-Voを噛み使用します。

Be-Voを噛むと顎が固定され喉が開いた状態になり、割り箸同様に喉が開いた状態の感覚を掴めるボイトレグッズです。

割り箸ではできない顔のトレーニングもBe-Voでは可能であるため、表情筋に強化や小顔効果にもなります。

「わかりやすいトレーニングメニュー」がついているのも嬉しいポイントです。

喉を開いてカラオケで高音をだせるようになろう!

喉を開くとはあくびをしたように、口や口の奥が大きく広く開く状態をいいます。

口の中や喉に広い空洞を作り、声を喉で響かせて綺麗な大きな声がだせるように。

喉を開くのはなかなか難しく練習が必要となりますが、感覚を掴めば自然にできるようになるでしょう。

きれいな声や高音を出せるように喉を開ける練習をして美声をゲットしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました