yamaはなぜ仮面をつけている?仮面は売っているのかや種類・性別は女性か・おすすめ人気曲3選を徹底調査!

スポンサーリンク

*アフェリエイト広告を利用しています。

おとちゃん
おとちゃん

yamaさんはいつも仮面をつけているけどなぜだろう…。

とおんくん
とおんくん

yamaさんの仮面は販売されているのかな…。

彗星のごとく突如現れたyamaさんは、青色の髪に仮面をつけている印象的なアーティストです。

アニメ『SPY×FAMILY』第2クールエンディングテーマに「色彩」が、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』Season2オープニングテーマに「slash」が起用され話題に。

最近ではMステなどの音楽番組にも多く出演するようになり、知名度を上げています。

そこでこの記事ではyamaさんがなぜ仮面をつけているのか、仮面の種類やyamaさんの性別・おすすめ人気曲などを徹底解説します。

この記事でわかること
  • yamaが仮面をつけている理由
  • 仮面は売っているか
  • yamaのプロフィール
  • 初めてメディアに出たのは
  • yamaが影響を受けたアーティスト
  • おすすめ人気曲
スポンサーリンク

yamaはなぜ仮面をつけている?

仮面をつけて独特なスタイルで活動しているyamaさんですが、仮面をつけているのには理由がありました。

2021年1月の『報道ステーション』にてインタビューの中で触れています。

出典元:ANNnewsCH

ここでは仮面をつけている理由を、自分のことを「誰も知らなくていい」「作品だけを純粋に評価してほしい」と語っています。

また「自分にはできるものが何もない」「誰も自分のことをみてくれていない」という幼少期のコンプレックスがあったそうです。

「歌ったら喜んだり褒めてくれたりした」「自身があるものが音楽だった」と続けています。

出典元:読売テレビニュース

2022年8月の『かんさい情報ネットten.』でも仮面をつけている理由について語っており、下記にまとめてみました。

仮面をつけている理由
  • 人前に出るのに苦手意識があり、仮面をつけることで視線をさえぎりたかった
  • 顔を隠し実生活と歌手活動を切り離したい
  • 楽曲自体を評価してほしい
  • 仮面をつけているとステージに立ったときの不安を取り除ける

yamaさんはパフォーマンスで仮面をつけているのではなく、歌うことへの様々な思いがあってつけていたのがわかります。

インタビューでは「今後、顔を出したいと思う?」という質問に対して、「ないとは思います」と少し戸惑いぎみで答えていました。

「未来の自分はどうなっているのかわからないが、今の段階ではないと思っている」そうです。

MCはやらないと語っていたyamaさんがやるようになっているため、時の流れと共に進化しつつあるyamaさんの今後が楽しみですね。

スポンサーリンク

yamaの仮面はどこで売ってる?

yamaさんの仮面はどこで売っているのか調べてみましたが、オリジナルのものであり販売はされていませんでした。

仮面の種類も何種類かあるようで、色だけでも白と黒があります。

とおんくん
とおんくん

白と黒の違いかと思ったらデザインの違いもあるのかな…。

おとちゃん
おとちゃん

どんなデザインがあるのか画像を使って見ていきたいとおもいます。

とおんくん
とおんくん

まずは誰が製作しているかだね。

仮面の製作者は快歩

yamaさんの仮面を製作しているのは、特殊メイクアップアーティストの快歩(かいほ)さんです。

快歩さんはKing GnuやVaundy・きゃりーぱみゅぱみゅなどのミュージックビデオで特殊メイク・マスク・造形物などの制作に参加してる素晴らしい実力者です。

快歩さんのプロフィールをわかる範囲で紹介します。

快歩のプロフィール

名前:快歩(KAIHO)
本名:不明
生年月日:1996年(月日は不明)
出身地:愛知県名古屋市
出身学校:名古屋市立工芸高等学校デザイン科

Amazing School JURで特殊メイク・特殊造形の基礎を学び、2014年からフリーランスで活動しています。

快歩さんは独自の世界観を追求し、2020年にオーストラリアで開催された特殊メイクのコンペティション「WBF 2020 World Championships special effects makeup」にて世界のTOP3に選出。

Official髭男dismさんの「日常」の特殊メイクにも参加しています。

とおんくん
とおんくん

まるで本物のようなリアルさがあって、快歩さんの独自性が輝いているね。

おとちゃん
おとちゃん

Official髭男dismさんのMVもぜひ観てみてください。

出典元:Official髭男dism

おとちゃん
おとちゃん

本当にこんな世界がありそうなMVですね。

とおんくん
とおんくん

ヒゲダンの楽曲の世界観にもぴったりだね。

仮面の種類は現在5種類

2023年10月現在で確認できる仮面の種類は5種類のようです。

上記Instagramは快歩さんが投稿したもので、2021年に作ったyamaさんとバンドメンバーの仮面が左にスライドすると見られます。

yamaさんの仮面5種類はどのようなものがあるのか、画像で確認しながら紹介します。

出典元:THE FIRST TAKE

「THE FIRST TAKE」で公開された「春を告げる」のときの仮面です。

白地に細かいデザインが施されており、目の部分はデザインにそって線で穴が開いてます。

出典元:THE FIRST TAKE

「THE FIRST TAKE」で公開された「麻痺」では黒のマスクをつけており、目の部分が印象的なデザインになっています。

上記Xの仮面は一見「THE FIRST TAKE」の「春を告げる」のものと似ていますが、画面を大きくして確認したところ目の部分の穴が大きくなっているのがわかりました。

上記Xは般若仕様の仮面であり、このライブのために制作したもののようですね。

最近yamaさんがつけている仮面が上記のデザインであり、目の部分がだいぶ大きく穴が開いてきています。

2022年の頃からこのデザインの仮面をつけており、外をもっと見やすくしたいという思いからデザインを変更したようです。

これは執筆者の想像ですが、仮面をつけることで安心できるyamaさんが音楽家としての活動を多くしているうちに、人前にでることへの不安が薄らいできたのではないかと感じます。

おとちゃん
おとちゃん

年月とともに仮面のデザインも変わっていき、仮面からもyamaさんの進化が感じられますね。

とおんくん
とおんくん

これからどんなデザインが快歩さんから誕生するかも楽しみだね!

スポンサーリンク

yamaのプロフィールを紹介!

彗星のごとく現れたyamaさんのプロフィールを紹介します。

名前:yama(ヤマ)
性別:非公開
年齢:非公開
誕生日:8月19日(ネットの情報)
血液型:非公開
身長:150cmくらい(ネットの情報)
職業:音楽家
担当楽器:ボーカル
所属事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ、MASTERSIX FOUNDATION

yamaさんは顔だけでなくプロフィールも非公開のものが多いです。

音楽活動を開始したのは2018年3月であり、YouTubeにはじめて歌い手として動画を投稿しました。

2019年11月にはボカロPのくじらが発表した楽曲「ねむるまち」にゲストボーカルとして参加。

とおんくん
とおんくん

ボカロPのくじらさんはAdoさんも楽曲「金木犀」で、デビュー前にゲストボーカルとして参加しているよね。

おとちゃん
おとちゃん

yamaさんもデビュー前で、くじらさんは才能を見抜く力があるようですね。

2020年4月にyamaさん初のオリジナル楽曲である「春を告げる」をリリースし、ソロアーティストとしてインディーズデビューをし活動しだします。

2021年2月に楽曲「麻痺」をリリースし、自身初のCDデビューとメジャーデビューを果たしました。

「麻痺」はフジテレビ “ノイタミナ” 『2.43 清陰高校男子バレー部』のオープニングテーマに起用されています。

ネットで噂になっている年齢は1996年生まれ

ネットで生年月日を検索すると1996年7月3日となっているものがあるの、yamaさんは1996年生まれであるのが有力のようです。

誕生日は7月3日としているのもありますが、8月19日にyamaさんに誕生日のツイートをしているファンが多いため、8月19日であるようにおもわれます。

上記の情報があっていれば、2023年現在では27歳です。

歌手になる前は会社員であったという点や、休みの日に自室で録音をしていたという点からおおよそあっているのではないかとおもわれます。

性別は女性の可能性が高い

yamaさんは性別も非公開にしていますが、ネットなどでは女性ではないかという声が多いようです。

女性ではないかと考えられる理由として下記のようなものがありました。

女性と思われる理由
  • 喉仏けがない
  • 歌声と話し声が女性
  • ツイートの雰囲気が女性ぽい

手元やXの投稿に写っているyamaさんの立ち居振る舞いなども、女性のように感じられます。

性別が分からなところもまた、yamaさんの魅力を引き出しているのかもしれませんね。

本名は「山上」ではないか

yamaさんの本名は「山上」ではないかといわれています。

ロックバンド『BIN』でもyamaさんはボーカルとして活動しており、上記Xのように「山上」になっています。

ネット上の噂や憶測だけではなく、yamaさんのウィキペディアにもプロフィール欄に「山上」と記載されているため、かなり有力であるようですね。

yamaがはじめてメディアに出たのは?

yamaさんがはじめてメディアに出たのは、「THE FIRST TAKE」によるYouTube投稿の楽曲「春を告げる」です。

この記事の「仮面の種類は現在5種類」のところにYouTubeを載せてあるため、ぜひご確認ください。

テレビ出演では2021年2月にテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に初出場し、「春を告げる」を歌唱しました。

yamaさんの緊張が伝わってきそうなツイートですね。

SNS上では、「おめでとうございます!ほんとに嬉しいです!」「正座して見ます!」などのコメントがありました。

yamaが影響を受けたアーティストは?

yamaさんが影響を受けたアーティストはいないようです。

yamaさんが影響を受けたアーティストを調べましたが、はじめは「歌うことで、自分の存在意義を確かめていました」とかたっています。

誰かに影響を受けて音楽活動をはじめたのではなく、自分から歌を歌いだしたようです。

yamaさんは「一番強く影響を受けているのは、ボーカロイドの楽曲たちです」と語っており、ボカロ曲を聴くようになってから自宅で録音をするようになったとインタビューで語っていました。

おとちゃん
おとちゃん

ボカロ曲とは、ボーカロイドという音声合成技術を使って作られた楽曲のことで、ボーカロイド曲を作る人をボカロPといいます。

とおんくん
とおんくん

YOASOBIのAyaseさんもボカロPだね。

yamaの近況情報!

出典元:yama

yamaさんは2024年1月24日に3rdアルバム「awake&build」をリリースさせました。

シンガーからアーティストへと変化していく過程で得た“きづき”をテーマにしています。

yamaさん自身が作詞作曲をした楽曲がたっぷり収録されている、盛沢山な3rdアルバムです。

yamaのおすすめ人気曲3選!

yamaさんの歌声は高音で透明感がありながらも力強さもある、女性とも男性ともとれる歌声です。

何度聴いてもあきることのない、高い歌唱力で評価されているでしょう。

ここではyamaさんのおすすめ人気曲3選を紹介します。

①麻痺

出典元:yama

「麻痺」は2021年2月にリリースされた、yamaさんの自身初1作目のシングルであり、作詞・作曲はボカロPのTOOBOE。

初シングルにしてフジテレビのテレビアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』の、オープニングテーマに起用されています。

ノリの良いリズムにサビの歌詞が早口になっているのが大変魅力的に感じる楽曲であり、つい何度もリピートして聴きたくなってしまいます。

「若者の葛藤」をテーマに「RUN(走る)」をコンセプトに制作されているだけあり、青春を感じられるだけでなく背中を押してくれるような応援歌でもあるようにおもわれる楽曲です。

②春を告げる

出典元:yama

「春を告げる」はyamaさんがインディーズデビューをした際の1作目の楽曲で、作詞・作曲はくじらさんです。

初のテレビ出演であったテレビ朝日系『ミュージックステーション』にて初披露した楽曲でもあり、yamaさんといえば「春を告げる」という人も多いのでは。

曲名からは四季の「春」を連想しますが、この楽曲は孤独感を抱えている主人公を歌っています。

「春を告げる」を製作する際に、yamaさんとくじらさんは一度も顔を合わせずにインターネットを使ってのやり取りで、楽曲を完成させたそうです。

created by Rinker
¥5,563 (2024/05/22 06:45:06時点 楽天市場調べ-詳細)

③slash

出典元:yama

「slash」はyamaさん4枚目のシングルであり、TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』Season2のオープニングテーマに起用されています。

「春を告げる」や「麻痺」とは全く異なったロック調の重量感のある楽曲になっており、アニメの世界観を重視したといえる楽曲です。

yamaさんのスタイルの新たな一面が見え、ハスキーで透明感のある歌声が心に響いてきます。

同シングル2曲目に収録されている「ストロボ」はyamaさん自身が作詞・作曲をしており、ライブで歌いたく作った楽曲だそうです。

謎多きyamaの活躍からますます目が離せない!

yamaさんが仮面をしているには楽曲自体を評価して欲しいといった気持ちや、実生活と歌手活動を切り離したいなどいくつかの理由がありました。

プロフィールも謎に包まれたまま、高音で透明感があり迫力もある中性的な歌声は多くの聴く人を魅了しています。

楽曲をリリースするたびに進化し続けているyamaさん。

そんなyamaさんのこれからの更なる活躍が大変楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました